シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
ウェブカタログ
staff blog スタッフブログ

最近のよく頂くQ&A☆

皆様こんにちは。
和心シルバー鋳造・研磨工場の細田です。

毎日が暑すぎてそろそろ溶けてしまいそうです。
室内にいても汗ダラダラ(>_<) 何か良い涼み方法はないのでしょうか…? さて、そんな本日はよく頂くご質問にお答えさせて頂きます! ■Q.納期まではどれくらいかかるの?
→A.量産期間だけで言えば約40~45日前後です。
  仕様によったり、数量が3000個とかになると60日位かかることもございます。

■Q.金額はどれくらいかかるの?
→A.デザインや仕様・素材によって様々です。
  シルバー製品でも小さく、シンプルなデザインや作りなら1500円でお作りできるものもあれば
  6000円位するものもございます。
  是非お見積りをご希望の際はイメージ画像やデザイン画を添付頂けますようお願い致します。
  ※また、製作をする際には別途型代が発生致します。
  4㎝3に収まるサイズであれば4万円、14㎝以内であれば7~10万円程かかります。 
 
■Q.箱とかパッケージは一緒にお願いできるの?
→A.勿論可能でございます!
  弊社が所持している既製のカタログからお選び頂いてもOKですし、
  型からオリジナルで制作することも可能でございます。
  ※ただ型からオリジナルで製作をされる場合のロットは最小300個からになります。

是非製作される際の参考にして頂ければです☆
では、次回をお楽しみに♪


Posted by admin

検品から納品までの流れについて

皆様こんにちは。
和心シルバー鋳造・研磨工場の細田です。

只今月末納品案件の検品ラッシュ中です!

検品・納品とありますが、一体どんなことをやっているの?
…と思う方もいらっしゃると思います。

本日はそんな方々のご質問にお応え致します!

1:商品検品について
デザインや商品、お客様によって気にしているポイントは違いますよね。
その為よくある大まかな検品内容をお話致します。
☆基本的な注目ポイントは…
・傷・汚れ(メッキ不良)
・歪み
・サイズ

がよくある検品の際の注目ポイントです。
どの商品でも上記の問題があると困りますよね?
しっかりチェックさせて頂いております!

2:箱・ポーチ・台紙等々に商品を入れる
ケースやポーチ付きをご希望される方や、台紙やOPPをご要望される方など納品スタイルは様々です。
お客様のご希望に合わせて対応させて頂きます。
例えばポーチや箱に入れる場合等ですと、
・商品をパケに入れる
   ↓
・パケごと箱(ポーチ)に入れる
   ↓
(・+αで取説やギャランティカードを入れることもあります)
   ↓
・箱(ポーチ)納品上からOPPをかぶせる
   ↓
・JANシールを貼る

ということがよくあります。
※どういう風に商品を納品するかは納期やお客様のご予算のご都合があると思います。
ご制作の際に事前にご希望をお伝え頂ければ幸いです。

3:商品発送
商品が傷つかないように、発送中に潰れない・壊れない様に緩衝材を入れます。
準備完了後、ご希望の納品日に納品致します。

ざっくりですが、こんな流れになっています。

また、一緒に納品書・検品書を同封させて頂いております。
※検品書につきましては商品がお客様の元へ到着したかの確認書類になります。
その為、商品をご確認頂きましたら、検品書を弊社まで返送頂けますようお願い致します。

今回は珍しく制作後のお話でしたが、ご参考にして頂ければです!
では、次回をお楽しみに★


Posted by admin

デザインの閃き方をお教えします!

皆様こんにちは。
和心シルバー鋳造・研磨工場の細田です。

最近は趣味(?)を増やそうと色々と探しています。
やりたいことは見つかったのですが、時間が中々出来ずにちょっとモヤモヤ…。
意外と時間を作るのって難しいなと感じました。

さて、本日はお客様…というよりも周りの人に聞かれる
「どうやってデザイン考えているの?」という質問にお答えしたいと思います(笑)

前回のブログで少しお話をさせて頂きましたが、
細田自信はコンテンツ系のタイトルを主に取り掛かっています。

商材も何にも決まっていないというタイトルに取り掛かる時も多いのですが、
そんな時はこんな感じで書き始めます。

見難くてすみません。

こちら何が描かれているのかと言いますと…
取り掛かろうとしているタイトル(もしくはキャラクター)のイメージを
細田の感じたまま・思うがままに書きなぐった図です(笑)

始めから商材を決めたり探したりはしません。
まずは自分がそのタイトルにのめり込むこと。

勿論見た目やイメージだけではイメージアクセサリーは取り掛かれないので
その後はキャラクターの性格を理解すること。

その上で今度はそのキャラクターの性格イメージを書きなぐります(笑)
ついでに武器や印象的なモチーフは簡単に絵を描き留めておきます。

そうしたら一旦冷静に振り返ります(笑)
振り返るのは大事だったりするんですよね。
冷静になって書いたものを見てみると、意外とイメージに合う商材が思い浮かんできます。

是非機会がありましたら試してみてください。
細田流の閃き方(笑)

では、次回をお楽しみに!


Posted by admin

チェーンの修繕方法とは?!【お客様Q&A】

皆様こんにちは。
和心シルバー鋳造・研磨工場の細田です。

最近は色々と悩みが多く、中々踏ん切りが着けられない日々が続いています。
(あくまで自分の中のみの話です(笑))
こういう時ってモヤモヤして、何も手につかなくなってしまったりして困りますよね。
週末は気分転換にお外に出かけてみようと思います。
(普段は大抵引きこもっているので(笑))

さて、そんな本日はチェーンの修繕方法についてお話をしたいと思います!

長くネックレスを使っていたり、何かに引っかかってしまったりなど、
ふと急にネックレスチェーンが切れてしまうことってありますよね?

以前お客様よりこんなお問い合わせを頂いたことがあります。
「普段使っているネックレスのチェーンが切れてしまったので修理をして欲しい」…と。

残念ながら弊社では修理は承っていないためお断りをさせて頂くのですが、
実際チェーンを直す方法がないわけではないのです。

一般的には切れたチェーンに銀ロウと呼ばれる金属を溶接することで修繕することが出来ます。
(簡単に言ってしまえばロウ付けで切れたところをくっつけるんですね。)

このロウ付けという技法、私体験をしたことがあるのですがめちゃくちゃ大変です。
初心者や慣れない人だと綺麗にくっつけることが出来ないんですよ!
※この道◯十年のおじ様がやると1分もかからない作業です。

見た目は簡単そうに見えるんですけどね…

ちなみにこのロウ付けには注意点がございます。
まずはメッキ(コーティング)されているかどうかです。
ロウ付けをした箇所はメッキがされていない上に、ロウ付けによりメッキが剥がれてしまいます。
その為、ロウ付けをした箇所は再度メッキを施さなければなりません

…こうなると中々自分で出来るものではないですよね^^;

じゃあ、どうすれば良いのか…
1:新しいチェーンに取り替える
一番お手軽で早い方法です。
※バチカンのサイズによってはチェーンが取れないこともございます。

2:修理を承っているショップに依頼する
現在ではインターネット上のショップでも承っていたりします。
一般のアクセサリーショップでも受け付けているところもありますね。
どこも共通していることは予約が必要ということ。

3:ロウ付けをマスターする(笑)
細田は現在こちらに挑戦中です(笑)
道具を揃えたり、技術を身に付けるのにとても時間がかかりますのでご注意下さい。

ではでは、次回をお楽しみに!!


Posted by admin

皆様の疑問を解決致します!【よくあるご質問】

皆様こんにちは。
和心シルバー鋳造・研磨工場の細田です。

気づけばあっという間にGWが終わってしまいましたね。
私自身はGWはずっと仕事だったので、いまいち祝日のイメージがなかったりします(汗)

そんな本日は、お客様からよく頂くご質問につきまして回答をさせて頂きたいと思います!

■どんな素材で製作できるのか
単にアクセサリーといっても、色々な素材がありますよね。
そんな中で弊社で多くご依頼頂く素材についてご紹介させて頂きます。

●シルバー(シルバー925)
 →和心シルバー鋳造・研磨工場ですから、流石に作れませんはありません(笑)
  弊社が使っているのはスターリングシルバーと呼ばれるシルバー925になります。

●真鍮
 →シルバーよりも軽く・価格も抑えられる素材です。
  地金が金色に似た色のため、メッキをして使用することが多い素材です。

●合金
 →イヤホンジャックや様々なアクセサリーに使用される素材です。
  価格は真鍮よりも抑えられるので、ご希望される方も多いです。
  (ですが、合金の場合は最小ロットが多いのです。)
 →作れるものは多いのですが、デザインによっては出来ないものもあるので、
  ご相談を頂けますと幸いです。

●18金
 →ジュエリー系のアクセサリーや限定品・記念品と言ったアクセサリーでのご依頼が多い素材です。
  地金がとても高価かつ地金相場の変動が大きいため、価格変動が大きい素材でもあります。
  ですが、少数からでも制作が可能なので限定感を出したい時にはオススメです。

●その他の素材
 →上記以外でも、プラチナや錫合金・ステンレスといった素材も取り扱い可能です。
  デザインによって向き不向き・また最小ロットも異なりますので、ご相談を頂けますと幸いです。

■制作ロット数について
恐らく皆様が1番気になっているのでは?という内容ですよね。
一体いくつから作れるのか気になりますよね?

●シルバー:30個から
●真鍮:30個から
●合金:200個から
●18金:1個から

※また他素材につきましても最小ロットが異なります。
(例えばステンレスの場合は3000個からになります。)

上記の素材以外の場合はご希望の素材と数量を一緒にご教授頂けますと
お見積りもスムーズになりますし、素材とか分からないという場合でもご安心ください!
ご予算や用途に合わせてご相談をしつつ進めさせて頂きます。

ご質問やご不明点などもございましたら是非ご連絡下さいませ☆
ではでは、次回をお楽しみに!!


Posted by admin