シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
staff blog スタッフブログ

シルバーアクセサリーを作るときは③

こんにちわ。
和心シルバー鋳造・研磨工場の高瀬です。

今日も暑くなりそうですね><;;
昨日が比較的涼しめだったのでギャップが激しい・・・。

さて、昨日宣言しました通り、今日は「シルバー以外の金属」について。
アクセサリーを作りたいけど、どんな素材がいいのかわからない・・・という方は
参考にしてください^^

1、合金
最も安価な素材です。スズ合金、亜鉛合金などがあります。
ダイキャストとよばれる、溶かした金属を金型に流しこんで鋳造する手法で
アクセサリーを製造します。
大量生産向きですが、シルバーなどに比べると「安物」感が有るかもしれません。

2、真鍮
シルバーよりもやや安価な、銅と亜鉛の混合で製造した金属です。
加工が簡単なので様々な商品に用いられます。
独特の黄色い地肌をしており、和心はその色を生かしたアンティーク仕上げが得意です。
金属アレルギーの引き金になりやすいので、直接肌につけるアクセサリーにするときには
メッキまたはコーティングをおすすめしています。

3、金
貴金属の一種。非常に軟らかく加工が容易ですが、傷つきやすいため
純金だとアクセサリーには向きません。
一般的にアクセサリー用として使用されるの他金属との化合物です。
純金は「K24」と表記されます。アクセサリーとしては「K18(いわゆる18金)」
「K10」などが一般的です。
通常はいわゆる金色ですが、他の金属と混ぜる事によって様々な色に変化させることができます。
(銅と合わせてピンクゴールド、プラチナやニッケルと合わせてホワイトゴールドなど。)

4、プラチナ
非常に希少な貴金属で、かなりの高価で取引されます(現在グラム5,200円ぐらい・・・)。
サビや腐食に強く、また相当な高温でも溶けない性質を持つため、
様々な工業製品などにも使用されています。
シルバーよりやや白味がかったような非常に美しい銀色を有し、
結婚指輪などに良く使われます。
アクセサリーに使用されるのはPt950、Pt900などの化合物です。

・・・な、長くなってしまったので今日はここまでということで!!
明日は特殊加工についてとかにしようかな!!
また明日ノシ


Posted by admin