トピックス

シルバーの種類

・シルバー1000(Ag1000,SV1000)

通称:ファインシルバー

純度100%のシルバーです。硬度が低く重たいため、アクセサリーにはあまり使用されません。

・シルバー950(Ag950,SV950)

通称:ブルタニア

銀95%と銅などの他の金属を5%混ぜたものです。
925についでアクセサリーによく使われているシルバーです。
ゲルマニウムなどを混ぜることで、マイナスイオンを発生させるアクセサリーを作ることもできます。

・シルバー925(Ag925,SV925)

通称:スターリング

銀92.5%と銅などの他の金属を7.5%混ぜたものです。
シルバーアクセサリーにもっとも頻繁に使用されます。

・四分一

通称:朧銀(おぼろぎん)

銅75%と銀25%を混ぜたものです。
やや赤みの強い輝きをもっており、古くから使用されている伝統的な地金です。

・赤銅

銅とゴールド3%を混ぜたものです。一般に「三分差し」を指します。
一分差し、五分差し、八分差し等の種類も存在します。
特徴は、赤みが強く、変色しやすい点です。

・プラチナ100

シルバー90%とプラチナ10%を混ぜたものです。
特徴は、深みのある光沢です。

・ピーファイブ

シルバー約95%とプラチナ5%を混ぜたもの。
白味の強い輝きをもち、変色しにくいのが特徴です。

・ゴールドプラス

シルバーにゴールドをわずかに混ぜたものです。
硬度が高く、変色に強い特徴をもちます。

・ピンクシルバー

シルバーに銅・金・パラジウムを混ぜ、ピンクの色合いを出したものです。
柔らみのある輝きをもちますが、変色には強くありません。

・イエローシルバー

基本的にシルバーに近い色合いをもちますが、やや黄色味がかっています。

・18金(K18)

金は24分率で純度を表します。「24K」が100%純金です。
他にも「K5」や「K22」等、様々な種類があります。
18金は、ゴールドを75%含みます。残りは銀や銅を使用します。

・カラーゴールド(K18)

ゴールド75%と様々な金属を混ぜて、様々な色味を出したものです。
主な種類として、ピンク・グリーン・シャンパン・ブラックがあります。

・プラチナ900(Pt900)

プラチナは千分率で純度を表します。
結婚指輪としてよく贈られますが、近年のプラチナ価格の高騰により、
Pt850も増えています。

シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
ウェブカタログ