シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
staff blog スタッフブログ

仕上げ方法 つや消しの種類 | シルバーのOEM

こんにちは。和心シルバー鋳造・研磨工場のY.Sです。

昨日は天気予報で16℃まで上がると聞き

るんるんで出勤したのですが、思ったよりも寒かったですね!

薄着で失敗した私は、たまらずひざかけをグルグルと首に巻いておりました(笑)

あー!すぐにでも雪が降りそう!

a0004722_15274662

 

さてさて、今日はそんな雪のようにふんわりと白く輝く

仕上げ方法のひとつ「つや消し」についてお話しますね。

 

一番メジャーなのは「ホーニング」とか「サンドブラスト」と呼ばれる物だと思います。

細かい砂等を勢い良く吹き付けることで、極小の凸凹をつけて表情を作っています。

こんな感じ↓

70227545_square

とても優しくふんわりとした雰囲気になります。

 

ではこれを施す機械はというと……

でーん!とでっかくゴツいやつです(笑)

531dca9b02c5d

もちろん機種は様々ですが、だいたい冷蔵庫くらいあります。

機械の蓋を開けて商品を入れ、蓋を閉じ

中央にぶら下がっている厚手のゴム手袋を装着します。

上に除き窓があります。

下にはペダルがあり、これを踏むと

hqdefault

「ぶしゅーーーーーーっ!!!!!!!」

っと、手がガクガク言うような衝撃で、砂などが噴射されるわけです。

仕上がりの繊細な輝きからは想像つかないですよね。

 

キラキラ程よくツヤを消すには、もちろん地を一度磨かなくてはなりません。

また、上の写真のように「鏡面」と「つや消し」が共存する場合には「マスキング」が必要です。

なので、部分つや消しはちょっとコストUPしてしまうわけですが、メリハリがついて美しい^^

……マスキング塗ったり取ったり手間かかるので許してください!笑

 

「や、許せないです^^」と、いう方にはアラシをご提案致しますね。

それでは次回、Y.Sのブログにてご紹介致します。
「や、待てないです^^」と、いう方は下記にお問い合わせくださいませ。

 

http://www.silver-oem.com/

お電話の場合03-5785-3331
平日午前10時~午後7時

※お電話・メールでの土日・祝日に頂いたお問い合わせに関しましては、

翌営業日以降に折り返しご連絡させていただいております。


Posted by admin