シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
staff blog スタッフブログ

アメシストのご紹介

■アメジストとは

アメシストは紫色の水晶で、和名は紫水晶です。鉱物学な分類では「石英」(せきえい)となり、組成はSiO2です。尚、アメジストは水晶の種類の中で最高位の色変種に位置付けされています。

アメシストの最も理想的といわれている色合いは「ディープ・シベリアン」(Deep Siberian)と呼ばれるもので、紫の割合が75~80%、残りが青で構成されたものです。

紫色の発色原因は、鉄分が含まれると鉄イオンが作用し、紫色に変化するとされていますが、科学的な根拠はまだわかっていません。
アメジストの紫色は加熱処理することによって、黄色・褐色・緑色に変わり、更に加熱すると無色になります。また、日光で退色しますので太陽光を避けるなど取り扱いには注意が必要です。

 

鉱物学データ

・英名  Amethyst

・和名  紫水晶(むらさきすいしょう)

・色   紫色、結晶により濃淡などあり

・光沢  ガラス光沢

・条痕色 白色

・結晶系 三方晶系(低温型)・六方晶系(高温型)

・硬度  7.0

 

■アメジストの伝説

アメシストはギリシャ語で「酒に酔わない」という意味の「amethustos」から来ています。

ギリシャ神話では、アメジストは美少女の化身とされています。

酒に酔ったバッカス(お酒の神)が、酒に酔った勢いで、今から最初に出会った人を猛獣に襲わせようと邪心を抱いた時、ちょうどそこに通りかかったのが、月の女神の女官「アメジスト」だったのです。酒に酔ったバッカスは、猛獣にアメジストを襲わせようとした時、月の女神がそれに気が付き、アメジストを一瞬にして純白の水晶に姿を変えさせました。その後、酔いから覚めたバッカスは自分の罪を反省し、水晶にワインを注ぎました。すると白い水晶がみるみる透き通った美しい紫色に染まり、美しい紫色の宝石『アメジスト』になったといわれています。

 

■アメジストの効果

アメジストは2月の誕生石で、石言葉は誠実、心の平和、高貴です。

アメジストは、対人関係において、相手の欠点が気になるときや相手と相性が悪いと感じたときに、忍耐力と温和な心を取り戻し気持ちを和らげてくれます。

ヨーロッパでは『素敵な恋人をまねきよせる石』ともいわれる一方で『高まりすぎた熱情を穏やかにさます力』があると言い伝えられています。そういったパワーからも恋愛成就に大きくサポートしてくれる素敵なパワーストーンといえるでしょう。


Posted by admin