シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
staff blog スタッフブログ

バングルのご紹介

バングルはアクセサリーショップによくブレスレットと共に並ばれますが、バングルとブレスレットの違いは一体何なのかという疑問を持っている人が多いのではないでしょうか。ここでは、バングルについて紹介します。

01

バングルの語源は、ヒンドゥー語の「Bungri」「Bangle」(ガラス)といわれています。エジプトの古代壁画などに描かれている人物が身につけている事から、地位や宗教的な意味合いが強くあったと思われます。インドではガラス製のバングルを複数付けて触れ合う音を楽しむ習慣や、バングルを地面にたたきつけて、割れた破片の大きさで愛情をはかる地域もあり、占い的なアイテムとして利用されることもあるようです。また、結婚式で新嫁はガラス製を着用し、伝統によれば最後のバングルが壊れた時に新婚旅行を終了した方が良いとされています。

ブレスレットと同じで手首に装着するアクセサリーですが、バングルの方が留め具が無く、材質が硬めで、外した後も輪の形状を維持しているものを指します。平たいものが多く、カジュアルなファッションにも似合います。
また、ブレスレットは主に使用するのは女性ですが、バングルは性別を問わず愛用されてます。

バングルの特徴は手首にはめるだけで、着脱が簡単で気軽に付けられることです。素材は真鍮やシルバーのほかレザーを採用したものなどもあり、デザインはさまざまです。
シルバー素材のバングルは力を加えてサイズを調整した付け方ができますが、開いたり閉じたりという動作を繰り返し行うと破損しやすくなり、また雑にして無理やりはめ込んだりすると、形が歪んでせっかくのデザインが台無しになってしまいます。正しいつけ方は切れ目を手首の一番細い箇所の側面から入れて、内側を軸にして、外側へ軽く回すようにはめ込むと、スムーズに付けられます。そうすればバングルに負担がかからないし、耐久度もだいぶ変わります。バングルの内径は自分の腕のサイズから3~5mm位の大きさのものがジャストサイズです。


Posted by admin