シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
staff blog スタッフブログ

アイオライトのご紹介

■アイオライトとは
アイオライトの鉱物名称はコーディエライトと呼び、この石の研究者であったフランスの地質学者P.L.A.Cordirからつきました。
アイオライトの原石は花崗岩や安山岩の中に生成されることが多い鉱物で、光を通す透明性があり、紫外線に弱く、日光で色合いが薄くなることがあります。
最も大きな特徴は、光の当たる角度によって3色に変わる特性が挙げられ、1つのビーズにした時にも見る角度によって、紫がかった青色、淡い青色、暗い黄色など、複数の色合いが楽しめます。
かつて大航海時代にバイキングがその特性を活かして、アイオライトを太陽にかざし、最も青色がはっきり見える方向へ針路を取ったという伝説があり、「海のサファイア」という別名もあります。

鉱物学データ
・英名  cordierite
・和名  菫青石(きんせいせき)
・色   青色、帯紫青色、帯灰褐青色
・光沢  ガラス光沢
・結晶系 斜方晶系
・硬度  7 ~ 7.5

■アイオライトの伝説と歴史
伝説によると、アイオライトはバイキングのコンパスストーンと呼ばれています。 薄いスライス状のアイオライトは、800年~1050年の間、バイキングの航海士が曇りの日に太陽の場所を知るために使う減光板や偏光フィルターとして使われていた、と言われています。 これで北欧の船乗りたちは海に自分の位置を特定することができました。
それから約800年。18世紀終わり頃の終わり頃に、アイオライトは宝石としてヨーロッパで注目され始めます。アイオライトはスカンジナビア半島の海岸沿いで、よく見付かるので、見た目がサファイアに似ている事もあり、当時の宝石業者の間ではウォーター・サファイヤと呼ばれていました。

■アイオライトの効果
アイオライトは9月の誕生石で、石言葉は貞操、誠実、徳望などです。
アイオライトには「人生においての道しるべ」という意味が伝えられています。
夢を追うために自分はどうするべきか。受験や就職、転職など重要な選択に迫られた時に、何を選べば良いのか。こういった人生における分岐点は誰にも訪れるものだと思います。
冷静な心で真実の愛を見つけて、その愛に対して一途に想うことができます。そのため昔のヨーロッパでは両親が大人になった娘に贈る石とされていました。
また、真実を見抜く力を与えてくれるので、大きな決断を迫られた時や恋愛に悩んだ時に持つことで、冷静に判断して未来へのビジョンを見通すことができます。


Posted by admin