シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
staff blog スタッフブログ

ゴールドの種類

アクセサリーでよく使われる、美しい黄金色の光沢を持っているゴールドは、酸化しにくく最も安定した金属ですが、ゴールド自体は柔らかい物質なので、純金をジュエリーに加工すると柔らかすぎて変形したり、傷がついたりしてしまいます。ですので、ジュエリーや宝飾品としてのゴールドはほとんど別の金属との合金を使います。純金は黄金色ですが、配合する金属の種類と量によって、合金の色合が変化していきます。
ここではゴールドの種類とそれぞれの特徴についてご紹介します。

・24金(K24)
純金とも呼ばれています。日本では純度99.99%以上のものを24金としています。アレルギーが非常に起こりづらい素材ですが、金属としては柔らかすぎるため、細かい加工を施したアクセサリーには向いていません。

・22金(K22)
純度91.7%のものを22金と言い、純度は22/24≒91.7%の式から算出されています。残りの約8.3%は銀、銅、パラジウム、ニッケルなどが混ぜられています。
純金に近い純度を持ち、純金よりも硬い22金でアクセサリーを作って、それを身につける事で有事に備えるという人々もいます。

・18金(K18)
純度75%のものを18金と言い、純度は18/24=75%の式から算出されています。残りの約25%は銀、銅、パラジウム、ニッケルなどが混ぜられています。
変色しにくい上に耐久性も兼ね備えており、アクセサリーとして加工するのに向いていると言われています。

・イエローゴールド
混ぜる金属は銅と銀で、銅と銀の割合はほぼ同じです。イエローゴールドの良さはその華やかな色合いです。ダイヤモンド、ルビーやエメラルドなどの宝石を引き立てます。日本人の肌に馴染みますし、カラーゴールドの中ではとても鮮やかな色合いをしています。

・ピンクゴールド
混ぜる金属は銅、銀とパラジウムです。銅の割合が多いため、赤みが強くなります。日本人の肌に溶け込むようになじむので、イエローゴールドに比べると少し落ち着いた感じにまとまります。割り金に使われる銅や銀が空気中の酸素、汗、温泉水などと化学反応を起こすため、経年劣化により変色することがあります。

・ホワイトゴールド
混ぜる金属はニッケルまたはパラジウムと少量の銀、銅、亜鉛です。プラチナと同じような白銀色のカラーゴールドで、落ち着いて控えめな印象があります。また、プラチナよりも軽いですので、付け心地がいいです。


Posted by admin