シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
staff blog スタッフブログ

金属アレルギーについて

金属アレルギーは日本人の10人に1人が発症しているといわれるほど一般的な皮膚疾患で、大人になってから発症する人も大勢います。ここでは金属アレルギーの症状や原因を紹介します。

様々なアレルギーの中で、物が肌に触れたことによる皮膚の炎症を接触皮膚炎といいます。例えば、トイレ掃除用の激しい薬品などの化学薬品が直接肌に触れると、急激に皮膚に炎症を起こすのが刺激性接触皮膚炎といいます。また化粧品、洗剤、皮革、金属イオンなどに徐々に反応して炎症を起こすことを、アレルギー性接触皮膚炎といいます。 アレルギー性接触皮膚炎の原因が金属の場合は、金属アレルギーと呼びます。

金属アレルギーは、金属の成分が汗などの水分に溶け出し、肌のタンパク質と化学反応を起こすことで発症します。接触した部分に紅斑や皮膚の盛り上がり、あるいは水疱をを生じる疾患で、激しいかゆみや痛みをともなう場合があります。また、アレルギーを発症するまでの期間は人によって異なり、数日で症状が確認できる人もいれば、数年かかって発症する人もいます。

金属アレルギーの3大原因金属と言われているのがニッケル、コバルトとクロムです。ニッケルは安価で金属製品に対して美しいつやや輝きを出したり、扱い易い事もあり装飾品などに多く使用されておりますが、このように「ニッケルアレルギー」の方も年々増加をしているという現状もあります。

金属アレルギーの予防としては、普段から金属アレルギーを発症しやすい金属を身に付けない事を心がけましょう。
アクセサリーを身につけるときは、金やチタン、プラチナなどといった「汗で溶けにくい素材」でできているアイテムを選ぶのがおすすめです。ただし、メッキ部分のみが金やプラチナで、中がニッケルやコバルトなどの合金でできているアクセサリーには注意をしましょう。経年劣化などが原因でメッキ部分が剥がれて、中の合金がアクセサリーの表面に出てくる可能性もあります。また、運動の前など、汗を大量にかきそうなときには、事前にアクセサリーを外しておきましょう。
アクセサリーは常に清潔に保つことも大切です。長時間身につけるアクセサリーや時計は、汗や垢などのタンパク質がたまりやすいので、外したときに柔らかい布で拭き取るようにしましょう。
かゆみ等の症状が発現した場合には、原因と思われる製品の使用を中止することが大切です。かゆみがなくなったからといって同製品を使用しないようにする事が大切です。そして、皮膚科などの専門医の受診をし、適切な治療を受ける事が大切です。


Posted by admin