シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
staff blog スタッフブログ

メッキのご紹介

実は「メッキ」という言葉は日本語なのです。日本に仏教が伝わったとき、仏像が作られましたが、その仏像を金色にするために金を上に塗ることが行われました。これを最初は「塗金(ときん)」と呼ばれていましたが、時代の経過とともに「塗金」から「減金(めっきん)」にかわり、「めっきん」がつまって「めっき」となり、一般に「メッキ」と呼ばれるようになったのです。

メッキとは、金属や非金属の基材の表面に薄い金属皮膜を生成する事を言います。メッキの方法は数種類有りますが、メッキ金属を溶かした液体に基材を入れて、電流を使って、皮膜をつくらせる電気メッキが主流です。

メッキは約3500年前から既に存在していたと言われ、長い歴史を持ちます。古くは日本ではお寺の建立の際に金メッキが施されていました。現在ではスマートフォンやPC、ディスプレイ、ドアノブや楽器、アクセサリーなど、メッキ加工が施された製品がたくさんあります。

アクセサリーにメッキをする利点の一つとしては、見た目が綺麗になります。金属のアクセサリーの場合、全てを金属にすると、値段が高くなり、重量が重くなってしまいます。高級感を出すために、全て金属の製品を身につけるということはあるとは思いますが、普段使いしにくくなってしまいます。メッキをすると、高級感を出しながらも重量を抑えることができます。
例えば、プラスチックなどにメッキすることで、金属のみのものに比べ、重量を軽減し、手軽に利用できるものになります。さらに、アクセサリーは直接肌に触れるものですので、アレルギー対策や抗菌作用の効果などにも利用されています。また、メッキ加工をすると錆びにくくなります。

見た目を美しくする装飾性メッキ以外に、材料をサビから保護するために耐食性を付与するメッキや、電気的特性、機械的特性、物理的特性、化学的特性、光学特性、熱的特性を付与するために機能性を付与するメッキもありますので、いろいろな分野で活用されます。


Posted by admin