シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
staff blog スタッフブログ

ルビーのご紹介

■ルビーとは

燃え盛る炎のように情熱的で、深紅色に輝くルビーは、その美しさと希少性から「宝石の女王」とも呼ばれています。

ルビーは鉱物学的にはサファイアとともに、鋼玉またはコランダム(Corundum)と呼ばれるので、鉱物学的にいうと兄弟であるといえます。その化学組成は, Al2O3、 酸化アルミニウム、いわゆる陽極酸化被膜(アルマイト)です。

ルビーやサファイアの総称であるコランダムは、ダイヤモンドの次に硬度の高い石として知られます。

 

鉱物学データ

・英名  Ruby

・和名  紅玉(こうぎょく)

・色   赤色、帯紫赤色

・光沢  ガラス光沢

・結晶系 六方晶系(三方晶系)

・硬度  9.0

 

■ルビーの伝説と歴史

ルビーという名前は「赤い色の石」という意味の「ruber」というラテン語の言葉が語源です。

古代ローマでは、ルビーには軍神マルスが宿ると信じられていました。力と情熱、行動力を高め、危険を知らせてくれるというルビーを、戦場に向かう兵士達はこぞって身に着けたそうです。このことからルビーは「勝利の石」と呼ばれ、勇気や自信を高め、ライバルや困難に打ち勝つパワーがあると伝えられています。

英国王室の戴冠式に用いられる王冠には「黒太子のルビー」と呼ばれる巨大な赤い石が飾られていますが、実はそれがレッドスピネルだったというのは、今ではとても有名な話です。

 

■ルビーの効果

ルビーは7月の誕生石で、石言葉は情熱、仁愛、勇気、威厳です。

宝石としても価値の高いルビーは、古くから邪気から身を守る石として、また勝利を導く石として伝説をもつほど有名なパワーストーン。

紅色に輝く姿はなんとも美しく、その真っ赤な色は不滅の炎、すなわち不死身の象徴です。古代より世界各地で強力な護符とされてきて、戦場で敵に勝つお守りとして兵士が用いただけでなく、病気、害悪、悪習慣など、あらゆる邪気から持ち主を守るとされました。

また太陽の象徴といわれるように、明るくあたたかい波動をたたえ前へすすむ勇気や明るいエネルギー、凛とした美しさを引き出す天然石です。


Posted by admin