シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
staff blog スタッフブログ

シルバーの種類

シルバーと言っても、その種類は色々あります。シルバーの純度や、混ぜる金属によって呼び名が変わってきます。アクセサリーとして利用する場合、純粋なシルバーでは柔らか過ぎて傷つきやすい、硫化しやすくすぐに黒く変色する性質があるため、よく他の金属との合金の形で利用されます。
ここではシルバーの種類を紹介します。

・シルバー999(SV999)
純度99.99%のシルバーで、ファインシルバーとも呼ばれています。SV999と刻印表記されているものは純銀となります。
純銀は、シルバーの持つ性質のうち高い反射率や導電率から産業上は利用価値が高いですが、アクセサリー分野では加工するうえでは硬度が足りなかったり、変形しやすい、時間がたつと軟化してしまうなどの性質があるため、他の合金のほうがよく使われています。

・シルバー950(SV950)
純度95%のシルバーで、残りの5%は銅などの他の金属を混ぜたものです。
925より2.5%のシルバーが多く含まれ、950の方が柔らかくなります。
ハンドメイドでアクセサリーを作る場合、叩いたり曲げたりするので、シルバー950を使うと加工がしやすく使い勝手も良くなります。

・シルバー925(SV925)
純度92.5%のシルバーで、残りの7.5%は銅などの金属を混ぜているのが一般です。
必要最低限の硬さと加工性を持ち、なおかつシルバーの輝きが保たれている純度なので、シルバーアクセサリーの主流となる素材なのです。
シルバー自体は金属アレルギーが起こりにくい金属と言われていますが、
シルバー925では、アレルギー反応が出やすい「銅」が含まれていますので、そちらに反応してしまうかもしれません。

・四分一
銅75%と銀25%の割合で作った合金です。煮色仕上げで美しい銀灰色を示すことから「朧銀」とも呼ばれてます。
やや赤みの強い輝きをもっており、古くから使用されている伝統的な地金です。

・ピンクシルバー
割金に使う銅の他に金やパラジウムを加えて、シルバーにやわらかいピンク色の色調をつけています。
柔らかい輝きが特徴で、銅の割合が高いので黒色に変色しやすいです。


Posted by admin