シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
staff blog スタッフブログ

シルバーの種類

シルバーと言っても、その種類は色々あります。シルバーの純度や、混ぜる金属によって呼び名が変わってきます。アクセサリーとして利用する場合、純粋なシルバーでは柔らか過ぎて傷つきやすい、硫化しやすくすぐに黒く変色する性質があるため、よく他の金属との合金の形で利用されます。
ここではシルバーの種類を紹介します。

・シルバー999(SV999)
純度99.99%のシルバーで、ファインシルバーとも呼ばれています。SV999と刻印表記されているものは純銀となります。
純銀は、シルバーの持つ性質のうち高い反射率や導電率から産業上は利用価値が高いですが、アクセサリー分野では加工するうえでは硬度が足りなかったり、変形しやすい、時間がたつと軟化してしまうなどの性質があるため、他の合金のほうがよく使われています。

・シルバー950(SV950)
純度95%のシルバーで、残りの5%は銅などの他の金属を混ぜたものです。
925より2.5%のシルバーが多く含まれ、950の方が柔らかくなります。
ハンドメイドでアクセサリーを作る場合、叩いたり曲げたりするので、シルバー950を使うと加工がしやすく使い勝手も良くなります。

・シルバー925(SV925)
純度92.5%のシルバーで、残りの7.5%は銅などの金属を混ぜているのが一般です。
必要最低限の硬さと加工性を持ち、なおかつシルバーの輝きが保たれている純度なので、シルバーアクセサリーの主流となる素材なのです。
シルバー自体は金属アレルギーが起こりにくい金属と言われていますが、
シルバー925では、アレルギー反応が出やすい「銅」が含まれていますので、そちらに反応してしまうかもしれません。

・四分一
銅75%と銀25%の割合で作った合金です。煮色仕上げで美しい銀灰色を示すことから「朧銀」とも呼ばれてます。
やや赤みの強い輝きをもっており、古くから使用されている伝統的な地金です。

・ピンクシルバー
割金に使う銅の他に金やパラジウムを加えて、シルバーにやわらかいピンク色の色調をつけています。
柔らかい輝きが特徴で、銅の割合が高いので黒色に変色しやすいです。


Posted by admin

シルバーのご紹介

シルバーの原子番号は47で、元素記号は「Ag」です。ゴールドと同じく歴史も古く紀元前3000年頃には人類の歴史には登場しています。過去では魔よけの効果があるとしてジュエリーのみならず、食器や家財道具にも用いられてきました。そんな昔から親しまれてきたシルバーですが、最近はアクセサリーの素材として注目が高まっています。現在ではゴールドよりも非常に安いシルバーは、その分大振りのずしりと重量感のあるアクセサリーを安価に作ることができます。

シルバーはゴールドと違って、硫黄やハロゲン等と反応性しやすく、ゴールドのように単元素で産出される事は比較的少ないです。
特徴については、光の反射率が高いことから美しい金属光沢を有し、また1グラムのシルバーを約2,200メートルの線に伸ばすことができ、伸展性に富んでいます。

貴金属の中では比較的化学的に不安定で、自動車の排ガスや温泉地の硫化水素などの硫黄化合物が空気中に含まれていると、表面が硫化して黒く変色し、本来の輝きは損なわれてしまうことがあります。
長い間しまっておいたシルバーアクセサリーが真っ黒になってしまったから捨ててしまった、というもったいない話も聞きますが、この化学反応を逆手に取った仕上げ方法が「いぶし銀」というものです。全体を黒くしてしまう物もありますし、一度全体を黒してから軽く磨き、凹んだ部分だけ黒く仕上げるといった物もあります。ピカピカに光ったシルバー製品もきれいですが、いぶし銀も深みのある渋さがうけて人気があります。
シルバーアクセサリーが硫化などで変色してしまったら、研磨剤の微粒子の入ったシルバー専用のクロスや、浸け置きができるシルバー専用のクリーナーなどで磨き、硫化銀の皮膜を落とすと、本来の輝きが戻ります。

シルバーは落ち着いたやわらかい光沢を持ち、アクセサリーの素材として多くの人に選ばれています。磨けばプラチナよりも強い輝きを出すことができる金属です。シルバーが92.5%以上使われたものは純銀と呼ばれていますが、純銀では柔らか過ぎて傷つきやすいうえ、酸化しやすくすぐに黒ずむ性質があるため、他の金属との合金の形で利用される場合が多いです。また、シルバーアクセサリーが黒ずみにくいようにロジウムなどによってメッキが施されることが多いです。


Posted by admin